今現在はFFV、FFXII、KHII、ラジアータ、武蔵伝、武蔵伝IIを完全攻略。FFVII、DFF、KHII FM+はまだ途中。
特にアイテム収集と小ネタに力を入れているので、アイテムコレクターの方は是非ご訪問ください。
FINAL SQUARE

画像の掲載が問題だった場合、即削除いたしますのでご連絡ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- |  スポンサー広告
ある日。

宮川は脅かされないように警戒し、ロッカーにスタッフが隠れてたりしないかと、確認していた。
すると……壁を突き破ってスタッフ登場。遂に壁まで破るか(笑)

今回はすぐにカレンダータイム。
引き当てたのは、3月6日のイタリア『チーズ転がり祭り』。
2007念6月にイギリスで参加した『チーズ転がし祭り』とは似て非なるもの。
イギリスの『チーズ転がし祭り』は、危ないからという理由で去年、今年と中止になっているらしい。

スタジオで、手越くんに「ヨーロッパは完全に苦手分野ですよね?」と馬鹿にされるも、返す言葉も無い宮川。
しかし、今回は違う。
今回は強力な助っ人を呼んであるらしい。
しかししかし、それを聞いていた手越くんに今度は「遂に逃げましたか?」、「ダメだった時にその人のせいにするって事ですか?」と言われてしまう始末(笑)

テーマ : イッテQ
ジャンル : テレビ・ラジオ
祭りが行われるのは、イタリアのシチリア島にある小さな町「ノヴァーラ」。
案内してくれるのは祭り実行委員「サルヴァトーレさん」。
凄くテンションの高い案内人。
とりあえず実際目で見るために祭りの会場へ赴くことに。

そこで見たものは
猛スピードでチーズが坂を転がってくる光景。
宮川に向かって突っ込んできたのをジャンプで回避した。

「チーズ転がり祭り」とは、チーズを転がしゴールまで何投で辿り着けるかを競う祭り。
2人1組で参加し、投げた回数が少ないチームが勝利となる。
祭りの始まりは400年前。
町の特産品であるマイヨルキーノチーズは、頑丈なものほど出来がよいチーズだと考えられていた。
職人達が自分の作ったチーズが一番頑丈だと転がして競い始めたのがこの祭りの起源。

コースは街中の階段や坂道を利用して1km。
チーズの重さは10kg。
2人1組でしか参加できないが、今回宮川1人しかいない。

そこでスタッフが強力な助っ人を用意してくれたらしい。
その人物は、4年前イギリスの「チーズ転がし祭り」で、宮川をサポートしながら、自ら3年連続チャンピオンに輝いたイギリス最強のお祭り男「ジェイソン」。
しかし、前述してように「チーズ転がし祭り」は危険という理由で中止になっている。
生き甲斐を無くしたジェイソンは、熱い祭りを求め世界をさまよっているらしい。
ちなみに先日行われたスペインのトマト祭りにも参加していらしい。
ここに日英最強タッグが誕生した!

LESSON 1~コースの攻略法~
全長は1km。
400年前から変わっていない伝統を誇るコース。
街の中心地からスタートし、300mほど緩やかなカーブになっており、道幅が狭い。なるべく壁にぶつからないようにコントロールが重要。
直線を抜けるとコースは90度曲がり、200mの階段となる。コース内には痛恨のバンカーもある。
階段を下りると残りは半分。緩やかなカーブが続く。いかにミスショットをせずに遠くまで転がせるか運と技術が共に重要となる。ここには落ちたら抜け出せないアリ地獄がある。
数々の難所を潜り抜ければゴールが待っている。
コースレコードは4投らしい。1kmを4投って凄いな!
それを聞いていたジェイソンが「でも 僕らも6投くらいでいける気がするな」という根拠の無い自信を見せる。

LESSON 2~チーズの転がし方~
チーズの側面に紐をきつく巻き、狙いを定めて投げる。
紐を強く引けば回転が上がり距離も伸びる。しかし、左右にぶつかればチーズの勢いはたちまち無くなる。
重視すべきはコントロール。
宮川初挑戦。
1回目は右に反れてしまい減速。
次にジェイソン。
1回目で的を正確に捉えた!
素晴らしいコントロールだ。
宮川は10kgのチーズに四苦八苦。
時にはカーブするように投げる必要もでてくる。
ここでは宮川が活躍。
適正としては、直線はジェイソン、カーブは宮川が良いようだ。

その夜。
名物のチーズを使ったチーズフォンデュで決起集会。
しかし、ここでスタッフが馬鹿なことを提案する。
「闇鍋をやりたいと」と。
名付けて「闇チーズフォンデュ」。
闇鍋食材は以下の通り。
 ・いちご
 ・レモン
 ・寿司
 ・ドーナツ
 ・ピーマン
 ・チョコレート
 ・とうがらし
 ・バナナ
 ・トマト
 ・激辛ソーセージ
 ・オリーブ
 ・マシュマロ
 ・鶏のレバー
 ・鶏の心臓
 ・鶏の脾臓
うわぁ…ピーマンと肉関係はまだしも、いちごとかバナナとかマシュマロとかまずそうだ。

まずは宮川。
刺さったのは鶏のレバー。
たっぷりとチーズを付け、いざ実食。
「もうめっちゃ怖いわ」、「何や!ようわからへん!」、「熱っ!!」、「熱っ!!」、「デカっ!これ」、「おえ!何?今の!?」、「何!?これ?」、「何やこれ?」、「柔らかいし でも何か…」、「何これ?」、「何やこれ?」、「何やよう分からへん」、「何にも」、「何にも美味ない」、「わっ臭っ!なんか臭っ!」、「あと臭っ!」、「臭っ!」
などと愚痴愚痴言いながら食べていた(笑)
何にも美味ない臭い臭い言いながら食べてた(笑)
ジェイソンが取ったのは激辛ソーセージ。
超激辛。
そして宮川はレモン。
チーズの中にレモンは……あり得ないだろ。

祭り当日。
2人は日本の伝統の戦闘服・法被(はっぴ)に身を包む。

チーズ転がり祭りのルール
 ・予選は18組が参加
 ・コースの全長は1km
 ・8投以内でゴールすれば予選通過
 ・予選を勝ち残ったチームで優勝を争う

いよいよ予選スタート。
地元勢の腕前は凄かった。たった1投で300mを転がした。
そして宮川の第1投目。
壁にぶつかることなく、195mもの飛距離を記録。トップクラスらしい。
宮川のスーパーショットで早くも予選通過が見えてきた。
そして2投目のジェイソン。
慎重に行き過ぎたのか階段の手前で止まってしまった。
そして3投目の宮川。
階段を駆け下り、見事階段の下まで到達。
4投目のジェイソン。
距離を稼ぎたいところ。
しかし、ここでジェイソンがやってしまった。入ってしまったら抜け出せないと言われる、通称アリ地獄に投げ入れてしまった!
だが、まだまだ余裕はある、ここで出して、あと3投でゴールすれば良い。
5投目の宮川。
投げ上げたものの、階段の柵に当たって宮川の元へ帰ってきた。
6投目はジェイソン。
持ち前のパワーでここから抜け出し、あと2投でゴールすれば良い。まだ間に合う!
しかし結果は、5投目の宮川同様、柵に跳ね返って帰ってきた。
ここで、宮川の「アカーン!」の叫び声。
チャンスはあと1投。これで出せれば辛うじて希望が残される。
逆に出せなければ予選敗退が確定。

スローモーションで流される宮川の7投目。
どう見ても柵に当たるコース(笑)
案の定チーム宮川、予選敗退。
スタジオの会場からは「ええぇ~」の声(笑)
ここで宮川の言い訳炸裂「僕のせいじゃないんです」、「ジェイソンが悪いんですよ!」と。
本当に手越くんが番組冒頭で言ったことと同じ状況になってしまった(笑)
スポンサーサイト
2011.04.24(Sun)23:30 |  ┣バラエティ  | コメント : 0 | トラックバック : 0

コメントを投稿


トラックバック
<< | HOME |  >>
プロフィール

ヒロノ

  • Author:ヒロノ
  • FC2ブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
amazonベストセラー

Template by cosmuremure
ここはフリースペースです!ご自由にリンクを貼ったりコメントを書いたりして下さいませ!
【広告】 FC2ブログ 【広告】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。